taitoru
HOME > 佐田の特徴

年間12万着を縫製するオーダースーツ専門自社工場を、
仙台・北京に所有。

オーダースーツの海外縫製No1企業。

㈱佐田は仙台と北京の2拠点にて、オーダースーツ専門工場を運営し、年間約12万着を生産しております。その生産を、神田にあるテクノセンターが、WEB経由でコントロールしております。この生産システムを、弊社ではIOS(インターネット・オーダー・システム)と呼ばせていただいております。

IOS

 IOSとは、お客さまより、FAX1枚を流していただくだけで、その伝票に書かれた生地、仕様、デザイン、寸法のオーダースーツが、2~3週間でお手元に届くという、画期的な生産システムです。どの様に生産がなされるか、順に説明をしましょう。

採寸写真まずお客さまは、エンドユーザーさまの体の寸法を測り、生地、仕様、デザインを決定します。そしてその内容を伝票1枚に記載し、FAXにて㈱佐田のテクノセンターに送ります。

工場写真そのFAXを受け取ったテクノセンターは、コンピューターにその伝票内容を入力します。するとCAD(自動設計システム)上に、その伝票に書かれた基本パターンが選択され、伝票に書かれた通りに二十数か所の寸法が伸縮されて、最後に自動計算でバランスを取り、パターンが完成します。このパターンの起こし方は、かつて職人が経験と勘に頼って行っていた、パターン作成の流れを、そのままコンピューターに代行させたものです。

工場写真この起こされたパターンが工程に送られると、CAM(自動裁断機)が1着分ずつ生地を、各パーツに正確に裁断していきます。この裁断の工程を機械化したことで、裁断段階での寸法違いは起こり得なくなりました。

工場写真そして各パーツに裁断された生地は、各付属類を組み合わせて、縫製工程に送られます。この縫製工程は、お客さまから預かった1着分しかない生地を正確に縫製することを前提に、つまり絶対に失敗は許されないという前提に基づき組み立てられているため、既製スーツ工場に比べると工程数が1.5倍ほどあります。この工程で縫い上げられたスーツは、自動機を多く導入したプレス工程、検査工程を経て工場を出荷されます。

写真北京工場のものは、飛行機で運んでくるのですが、運搬途中の事故の可能性もあるため、埼玉県にある検品センターにて最終仕上げ、検査を行ったうえでお客さまのところへ出荷されます。

 ㈱佐田は、オーダースーツの海外縫製ではNo1企業であり、圧倒的な物量を流すことで、工程での生産コスト、飛行機での物流コスト等、あらゆるコストを効率化できております。そのため日本で最もコスト競争力のあるオーダースーツメーカーであると自負しております。

資料請求はこちら

生地仕入れから縫製まで一貫して自社で行うことで、
オーダースーツのコスト合理化に成功。

お客さまのノーリスク、
お値頃価格でのオーダースーツ販売を支援。

生地仕入から縫製まで、ワンストップで行う事で、コスト合理化を実現!そのため、FAX1枚で、お仕立て上がったオーダースーツを、お値頃価格でお手元にお届けできます!

 ㈱佐田は、かつては佐田羅紗店と言ったように、生地の卸売りを生業としておりました。そこから縫製業に進出したため、現在は生地仕入れから縫製まで、一貫して自社で行う会社となっております。そのため英国、イタリアからの仕入れについてもルートを持っており、また昔からのお付き合いのある尾州の機屋さんとは、毎シーズン自社企画の生地コレクションを作成しております。

 この生地仕入れから縫製までのワンストップサービスを展開できることを活かし、㈱佐田は余計な中間マージンを極小化することに成功、オーダースーツのコスト合理化を最先端で進めております。
 この結果、お客さまには、高品質なオーダースーツを、実にリーゾナブルな価格で卸すことが可能となり、また、お客さまに一切の在庫リスクを負わせないビジネスモデルを完成させることができました。

 お客さまはノーリスクで、FAX1枚を㈱佐田に流していただくだけで、高品質・お値頃価格のオーダースーツを販売することが可能となっております。

資料請求はこちら

戦前に服飾雑貨卸として創業、
戦後の焼け野原で羅紗卸問屋として再建された老舗企業。

創業90年の歴史と伝統、ノウハウを所有。

おかげさまで、佐田グループは80年を迎えることができました。

株式会社佐田の沿革へ

資料請求はこちら